05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

galaxytabを買ったが、 


買ったとは言わない?
だってお日様の看板の量販店で0円だから。

そういう意味では(お金を払って)「買ってはいけない」のかもしれない。
契約は2年縛りで3G回線を使用しなくても最低額1000円はかかるので24000円を24回払いしているようなものだから分割 IYHではないか。
ちなみに、3Gを使用しても最初の1年間は月額4410円が上限。それ以降は5985円が上限となる。当初はパケホーダイダブルの、iモード上限と同額、以降はフルブラウザ使用時の上限と同額である。
さらに定額パケット通信を使用するためには moperaUなどの対応のプロバイダが必要で、525円程度が別途必要になる。複数の契約を持っているユーザーなら ISPのオプションなどを一つ契約すれば複数の端末で使用できるが、まれなケースだろう。
つまり当初1年でも月額1525~4930円、2年目以降は6510円となり、今契約しているWiMAXが月額3590円で縛りが6か月ということを考えると、docomoはまだまだ高いと言われてもしょうがない。しかしそのコストと引き換えに、softbankとは比べ物にならない帯域の確保や、およそ圏外になる場所には行くことすら困難であるほどのカバーエリアが得られる。コスト圧縮は今後 のMVNOサービスに期待したいところだ。
これでテザリングできれば心置きなくWiMAXを解約できるのだが… どこかでHW-01CかBF-01Bを入手すれば解決だろうか。 そいえば、galaxy tab + HW-01Cセットで0円とか、HW-01C新規 契約0円+10000円キャッシュバックとかいう話も聞こえてくるので同じようなことを考えている人は検討してみるといいかもしれない。 私は、4410円の期間が終わるころに新規契約付きでモバイルルーターに乗り換えて、今回契約した回線は解約月まで寝かせる作戦。WiMAXは他のモバイルルーター入手まではエリアを我慢して使うことになろう。

Galaxy tabに話を戻すと、おまけに Ray-outのシリコンジャケットと2GBのmicroSDがついてきた。 両方で2千円くらいか。それでも契約が欲しい販売店にはいくらの報奨金が落ちているのだろうか。 ちなみに、上限まで2年間使い続けた場合の総支払金額は 124740円。全く使わなかった場合は前述のように 24000円。 Galaxy tabの製造原価が$205と言われているので docomoの手配 額は24000円くらいと想定できる。 すなわち、0円で配布しても赤字にはならず、1回線 2年間でパケット通信使用量に応じて 0~100000円の収益があるビジネスモデルだ。 なるほど。回線を使用しない契約者が半分(そんなにいないと思うが)いたとしても1契約当たり2年で50000円の収益がある。 これならば販売報奨金も十分に出すことができるだろう。

また話がそれた。 販売店の収益の心配はない。 自分の懐の心配した方がよさそうな ので galaxy tab に話を戻そう。 今まではiPod touch とWiMAX のモバイルルーターの組み合わせで使用していた。 両方、ポケットに入るので持ち運びには良いのだが、第 3世代の iPod touch は画面が狭い。大きさも 3.5インチということもあるが、最新の機種と違い解像度が 480x320なので小さい文字はそもそもつぶれて判読不可能になる。 Webブラウザならばタップやピンチインで拡大できるが、アプリ によっては画面の横幅に入るように自動的に小さいフォントを選択してしまうものがあり、読めなくなってしまうことがしばしば発生する。
例を挙げろと言われると、「2chのAA」とかなのだが。お前は 2ch見るためにモバイルしているのかと言われそうでだが、 あながち間違っていない。移動中の無駄になりがちな時間ほど 2chくらいのユルめの情報をナナメに読み流すくらいがちょうどいい。 他にも写真を見るにしても少々不満だったり、とにかく、 画面の 情報量は多い方が良い訳で、RetinaDisplayを採用した最新 のiPod touch も検討してはいたのだが、解像度が高くても小さすぎる画面ではタップが難儀することもあり、リビング機としての利用も考えられることから画面の大きさを重視した。 この時点で iPad2 はまだ発表されていなかったが、そもそも価 格的に候補に入っていない。Softbank回線というのもネガティブな要素で、購入するならSIMロックフリーか、WiFiモデルとなることだろうし。 ちなみに apple RetinaDisplay は3.5インチで960x640、galaxy tab は7インチで1024x600、ということで、縦横比が少々異なる が情報量は同じ、面積は4倍。iPadは9.7インチで1024x768だか ら情報量は1.28倍となる。

そんなわけで手元にやってきた galaxy tab だが、さっそく使ってみた。 初めての android なので何もかも目新しいが、だいたいは直感的に操作が可能。 Galaxy tab で検索かけるとかなり上位に引っかかるだれかのブログでロック解除がわからないと書かれていたが、 4歳のアイルトンも難無く解除して勝手にいじる程度のレベル。コメント欄が 荒れるのもわかるが、私はネタとして流した。 擁護するつもりはないがロック解除が難儀する方がいるのは、 ロック解除画面に設定されている無駄にきれいな景色の壁紙の所為だろう。iOSの場合、モノクロームの水滴模様でロック解除レバー以外は時計くらいしか目立つものがないし、 ロック解除レバーも操作の仕方が直感的にわかるようにアニメーションで工夫されている。
他のandroidがどうなのかはわからないが、 galaxy tab はいろい ろなところに目を奪われる。壁紙の風景はどこだろうかとか、 ディスプレイの発色が結構きれいだなとか、そんなことを考えているうちに5秒が経ち、スリープに入ってしまうという事は想像できる。
しかし、普通の判断力があればうっかりスリープに入れてしまうのは2度か多くても3度まで。 それ以上かかるようならガジェットオタクは自称しない方がいいだろう。

画面が大きいことは快適だ。解像度も今使っている iPod touch (3rd)と比べて4倍、初期のネットブックと同等だから webブラウジングも2chのAAも問題なく表示される。 同じ画面解像度のネットブックだと webブラウジングが狭く感じられるが、タブレットだと拡大縮小が自由自在なこともあり問題ない。もちろん、Flashにも対応している。 WebブラウザはOperaをインストールしてみたが動作が不安定なので削除した。 もともと標準ブラウザが IEみたいな糞じゃないので( google製だからchromeみたいなものか?)そのまま使っているが、複数ウインドウを開いた場合に、最上部までスクロールで戻らないと別のウインドウに切り替えられないのは不便。画面の広いタブレットではぎりぎりまで表示するよりもタブで切り替えられた方が利便性は高いのでこれから自分に合ったものを探してみる予定。

2chブラウザは少し調べていくつか使ってみた結果、 tuboroidonに落ち着いた。デフォルトの設定では画面の小さいスマートフォン向けに大きめのフォントが指定されているが、細かく指定できるのでタブレット用に調整することができる。 AAと思われる書き込みには自動的に別のフォント(と、サイズ)を割り当てる機能も秀逸だ。 通常は縦に使っているが、 画面を横にすると表示が回転してくれるので表示幅が増えて大きなAAでも切れずに表示できる。 アイコンが可愛いのも重要なポイント。

3GモデルなのでGPSが内蔵されていることもポイント。 販売店のオサーンのいう事にゃ、 3G通信を有効にすれば精度が上がるとか。 3G通信がGPSより高い精度の位置測定ができるわけではないはずだが、そこで突っ込んでもまともな回答は返ってこないので「 へぇぇ。」と聞き流す。 実際には3G通信により、基地局の位置情報から現在の衛星経路情報 をダウンロードするためにコールドスタート時間が短縮されたり、さらに、3G基地局がGPSエンジンを持っていれば実際の位 置座標との差の情報を提供できるので、DGPSを構成することができる。 という事を言っているのかなと脳内変換した。 調べてみると衛星の経路情報を3G回線でダウンロードするのはネットワークアシストGPSとdocomoは呼んでいるらしい。一般的にはAssistedGPS,A-GPSと言われているものそのもののようだ。
DGPSを構成しているかはわからなかった。DGPSを構成していない場合、精度が向上すると言い切ることはできない。
確かに、コールドスタートができなかったり、精度が悪い受信状態でも、A-GPSによって経路情報が取得できれば最低限の時間情報の受信だけで通常の精度の測位が可能になるので、3GをONにするとによって位置精度が向上するということが起きることもあるだろう。これは、建物の中やビルの陰、地下鉄ホームなどで確認できるだろう。

まだ書き足りないが、私はこのタブレット端末にほどほどに満足している。
購入してからブログを書くまでの間にiPad2が発表され、DTIのMVNOが発表された。
DTIのモバイルルーターは、3GのHSDPA7.2Mbpsを使用するサービスの中では最安値だろう。
タブレットやスマートフォンは処理速度がそれほど速くないため、通信速度は無駄に速い必要は無いので7.2Mbpsで十分なのだ。日本通信のU300だと、少々不安ではある。
また、DTIのモバイルルーターには16GBまでのmicroSDカードが挿入できるらしく、NASとしての利用もできるのではないかと期待している。これは、EyeFiカードとの連携ができれば、撮った写真をその場でタブレット端末の画面で見れることになる。今後がいろいろ楽しみだ。

そうえば、ソフマップUフロントで初代のiPadが29800円に値下げされていた。
あぶない、値下げが一月早ければ買ってしまっていたかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« 震災その後  |  東北新幹線E5系「はやぶさ」 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/103-af4d3f6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。