09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

最新デジカメでオールドレンズを使う 

最近流行っているらしい。
それも、ミラーレス機と組み合わせるようだ。

以前からPENTAXユーザーの間ではM42というマウントのオールドレンズをデジイチに組み合わせる事が行われていた。

ペンタックス(今はHOYA株式会社だが)が旭光学工業株式会社という名前だった頃、初期の35mmフィルムカメラはM42スクリューマウントという規格を使用していた。

その後、1975年、Kマウントと言う名称でバヨネットタイプの新型マウントに切り替えることになるのだが、その際、従来のレンズ資産を新しいボディで使用できるようにマウントアダプタというものが用意された。

それがこれだ。


このようなものがメーカー純正で安価に提供されていた(つい最近まで1050円だった)こともあり、デジタル化する前も後も、PENTAXユーザーがM42というオールドレンズを好んで使うことはけして珍しいことではなかった。

M42は東ドイツ製のプラクチフレックス2というカメラを起源とするが、世界の多くのメーカーに採用された為、一時はデファクトスタンダードとまでなっていた。

従って今でも多くのレンズが存在し、特に日本では当時PENTAXが強力な販売力を持っていたことから旭光学製のM42レンズが安価に入手可能だし、CarlZeissやVoigtländerなどの舶来ものの高価なものまで見つけることができる。

人はこれをM42沼と言って、近づくと抜け出せなくなると恐れている向きもあるらしい。


そこで私も、親父から受け継いだ ASAHI PENTAX SP に付いていた Super-Takumar 1:1.8/55 を手持ちのデジイチに付けてみた。

SP vs K-5
SP vs K-5 posted by (C)ゆきぼん

うむ、絵になる。

このレンズは放射能レンズとかアトムレンズとか言われていて、酸化トリウムを添加した超低分散ガラスを使用していて色収差が少なく良く写ると言われている。
個体差もあるだろうが、後玉で計測すると6μSv/h程度の放射線が確認できるものもあるようだ。
福島の一件以来、放射線の数値には敏感になっていることと思うが、結構馬鹿にならない線量だと思う。レンズ単体で後玉に目を近づけて覗くのは精神衛生上やめたほうがよさそうだ。
メガネ代わりに一年中付けて歩いたらたぶん白内障になる。(かも知れない)

開放値は1.8なので非常にピントが薄い。
Super-Takumar 1:1.8/55 F1.8
Super-Takumar 1:1.8/55 F1.8 posted by (C)ゆきぼん

F8まで絞ればこれが四半世紀も前のものかと感慨深いものがある。
Super-Takumar 1:1.8/55 F8
Super-Takumar 1:1.8/55 F8 posted by (C)ゆきぼん

PENTAXのデジイチはボディ内手振れ補正の機能があるのでこのようなオールドレンズでも手振れ補正を効かせることができる。

さて、ここまでが過去の話。
最近出始めたミラーレス一眼とかマイクロ一眼とか言われているカテゴリーのカメラに、これらのオールドレンズを使用することがにわかに流行っているようなのだ。

このカテゴリーに属するカメラはマイクロフォーサーズというマウントを採用しているOLYMPUS PENシリーズ、Panasonic GFシリーズ、EマウントのSONY NEXシリーズなどがある。

光学ファインダーをなくした分、ミラーが不要になりフランジバック(レンズマウントから素子までの距離)を切り詰めて小型化(薄型化)しているのが特徴。

これらのカメラに、オールドレンズを組み合わせる場合、オールドレンズのほうがフランジバックが遠い設計なので、カメラのマウントとレンズのマウントの間に適切な距離を開けて保持するアダプタを用意すれば良いことになる。

これはアダプタ設計の上で都合が良い。
レンズがボディにめり込まなければ光学的な結像が得られないのでは実現不可能だし、アダプタの厚さを確保できれば付け外しにも都合が良い。

前述のKマウントアダプターはKマウントのフランジとツラに合ってしまうので付け外しに少々難儀する。
実は、付けると外せなくなると脅かされたことがあり、アダプターは買って手元にあったものの、今まで試していなかったのだ。
実際にやってみると、それほど困難と言うほどではなく少々ほっとしたのは余談。

と、このような好条件が重なり、各種のマウントアダプターが発売されているようなのだ。
レンズ側もM42だけでなく、バヨネットタイプも何種類かある様子。

こんなことを書きたくなったのは書店でオールドレンズ関連の書籍を見つけたからだ。
とてもいい趣味だと思うので紹介しておく。

【送料無料】オールドレンズパラダイス(2)

【送料無料】オールドレンズパラダイス(2)
価格:2,079円(税込、送料別)



【送料無料】オールドレンズ・ライフ

【送料無料】オールドレンズ・ライフ
価格:1,995円(税込、送料別)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 写真ブログ

ジャンル: ブログ

[edit]

« ブラック・スワン  |  ノートPC »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/130-88b22d49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。