07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

宴会フォトグラファー? 

戦場フォトグラファーが活躍中ですが。

宴会フォトグラファーを頼まれました。


戦場じゃなくて良かった。(^。^)

さて、100人を超える宴会だと会場が限定される。
普通のレストランとかは結構厳しくてホテルのバンケットか結婚式場になることが多い。

そうすると、天井が高くてバウンスがうまく使えないのだ。
前回、忘年会の時は天井が高くてもミラーだったこともあり、また、F2.8の明るめのレンズを
もって行ったのでどうにかぎりぎり、という状態だった。

歩き回る宴会じゃレフ板持った助手を用意するわけにも行かず…
ディフューザーとかもいろいろ調べて検討するもなかなかこれだというものが見つからない。
そこで考えて、キャッチライトパネルがでかくならないかと。

いろいろ調べているうちにこんなサイトや、KENのつぶやきというサイトを見つける。
まさにこれですな。作例まであるので確信が持てる。ありがたい。

さっそく仕事帰りにダイソーに寄って材料を探す。

KENさんはPP発泡シートを使ったようだが、残念なことに同じものはなかった。
発泡ポリスチレンボードがあったが、A4サイズは紙を両面に張ったものしかなく、イメージじゃなかったので却下。PP製のクリアファイルの表紙が使えそうなのでそれと幅3cmのゴム紐を購入。

上のサイトを参考に適当に切って装着。

enkai.jpg

想像以上に良くできた。KENさんに感謝。

ちなみに、ファイル1冊から2枚、ゴムも3個分くらいは余裕の長さなので、実質ひとつあたり105円で予備ゴム付きくらいのコスト。
素材は、表面がざらざらしていて光の拡散には最適な状態。
決戦は金曜、がんばらなきゃ。


ん?K-5じゃないのかって?
K-5は、フラッシュなしでサブ機に使おうかと。ISO1600常用ですからね。

K10Dは現役なのでもっと使ってあげたいのと前回との差分を確認するために同じ機材で行きます。
バッテリーグリップ付いてよりいっそう重そうです。
こんな時はフラッシュのバッテリーは軽いリチウムがいいですね。


↓安いです。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« 宴会フォトグラファー 報告編  |  プロバイダ乗り換え »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/137-c9f9e72a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。