09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

PENTAX Q 

待望のミラーレス一眼が発表されました。

半年ほど前から噂されていた、ミラーレス2機種のうち、Auto110のデジタル版と言われてきたものでしょう。

商品の詳細はニュースリリースや、商品ページを見ていただくとして、今時点での感じることを述べます。

1.各種掲示板や情報サイトのコメント欄では賛否両論なセンサーサイズについて。
なぜ1/2.33型か。裏面照射型とすることで入射光の利用効率問題がほぼ解消された現在、コンパクトデジカメも恐らくこのサイズに近いサイズに収束していくだろう。せめて1/1.7型だったら…などという意見もあるが、それらのサイズが継続的に供給されるかどうかは疑問だ。

半導体プロセスのダイサイズは小型化が進化である。同等の画質が得られれば小さいほうが高性能と言える世界。

小さいセンサ、即ち画質が悪いという未だに短絡的に考えている方も居られるようだが、センサのサイズのみで画質は決まらないものだ。

コンデジのセンサー使ってるんだから画質もコンデジ並みか?
いや、百歩譲ってコンデジ並みでも、いまどきのコンデジって、馬鹿にできないのだが。

そういうのって、フルサイズデジイチ使ってコンデジ以下の写真量産している奴に限って言うんだよね。

コンデジと同じサイズのセンサーだけど、最大限のセンサーの性能を発揮する光学系を与えました。って言うカメラ、あってもいいと思うな。


2.Qマウントについて
一眼レフが King of SLR の頭文字をとってKマウント。キングに並ぶのはクイーン。
私はQと聞いてピンときましたよ。

マウントアダプタの可能性、フランジバックの短さから言うといろいろ可能性あります。
Cマウントなどのシネレンズを使うには最適です。
但し、シャッターがレンズ側についている構造なのでシャッター付きマウントアダプタがあるといいですね。最悪なくても電子シャッターは利くのですが。


3.ボディ仕様、機能
マグネシウム合金ボディはやりすぎか?いや、いいと思う。できることはすべてやりました的な、機能の全部あり仕様といい、価格が高くなってもわかる人に買ってもらえればいいという割り切り、潔さを感じます。

明日、KenkoブランドでQマウント機の発表があるとの噂ですから、そちらで廉価版を出すのではないでしょうか。
住み分け、差別化という意味で、PENTAXブランドのQはハイクラス路線ですね。

型費を掛けているということは、それなりの販売台数見込みがあると言うことなのでなかなかの強気な判断です。
逆に言うと、他社のコンデジのような頻繁なモデルチェンジは無いと見ても良いと思います。
息の長いモデルになるでしょう。


4.レンズ群
単焦点と標準ズームは妥当なところでしょう。
望遠ズームも欲しいところですが、後日追加でしょうか。
魚眼、これは良いですね。これだけの為にボディごと欲しくなります。

トイレンズは、HOLGAとかで喜んでいる人たちを取り込めるかは微妙で、逆にHOLGAユーザーを増やす結果になりそう。
でも、ブログとかにUPする写真は特に人物が入っている場合、あまり解像しすぎてもよろしくない。そんな用途にはトイフォトって使えるんじゃないかな。
デジだから現像、スキャンなどが不要で手軽だし。
iOSやAndroidアプリでトイカメラアプリがあるくらいだから、そんな需要もあるかも。
トイレンズは5980円と安いのも魅力。


5.デザイン
大きさ、機能部品の配置は良好。画面も3インチとぎりぎりの大きいものを採用している点も好感。画面画素数的には1世代前のものだがカメラのクラス的には問題なし。
実機を見ていないので質感はわからないが、I-10よりも本物感はあるだろうから期待できる。できれば、軍艦部がシルバーのモデルを出して欲しかったが、これはいずれ限定で出てくるのではないかと想像。
I-10同様、皮製のハーフケース(ストラップ付き)が用意されているのでお嬢様が肩から掛ければとっても絵になると想像できるのだが、そんなお嬢様は身近にいないのが残念。


6.価格
単焦点レンズキットで69800円、安売りのネットショップだと62800円くらいで横並び。
3万じゃなきゃ買わないと掲示板で暴れている奴もいるみたいだが、前述のKenkoとの差別化の結果だろう。作例が出てきて価格がこなれた頃にはその価値もわかってくるのではないか。

PENTAXの場合、キヤノンやフジのコンデジみたいに半年で4割も価格が下落するとも思えないので底値は49800円と想像。初売りとかの目玉か、モデル末期の処分価格でもない限り39800という線はまず無いだろう。


7.そのほか
なんとRAW保存可能。画質に自信がなければできません。
スクエアフォーマット(1:1)いいけど、紙焼きはどうするのだろう。
ボケコントロール画像処理でやるのは新しい試み。


8.結局買い?
もちろん買いでしょう。X100買わなくて良かったぁ。別に悩んでないけど。
単焦点、固定レンズで高画質なコンデジが欲しいと考えていた私にはど真ん中のストライクです。
しかも、魚眼レンズは考えてなかったけど、考えてみると「あり」ですね。
歪曲したビル群がパンフォーカスで撮れるでしょうか。想像しただけでワクワクテカテカですね。

競合するのはPenなどのm4/3機やNEXだが、そいつらはどちらも一長一短で結局本体が小さくてもレンズでデカくなってしまう事で踏み切れず、また、PENTAXもAPS-Cのミラーレス機は年内発表との噂もあり、本来競合するのはそちらなので、Qは唯一無二の存在。

本当にポケットやバッグの片隅に入れて持ち歩けるのはどれなのかは明白。

やばいです。早く現物触ってみたい!
予約ならばロゴ入りラッピングクロスももらえるのですが、でも、現実は冬ボまで待ちかなぁ。
シルバーが限定発売されたらやばいです。



書くの忘れた!

APS-Cサイズのミラーレス機はEマウントになるというのが私の想像です。

なぜか?Eマウントは早い段階から仕様を公開しています。

・規格でなかなか勝てないSONYは仲間が欲しいはず。
  仕様を公開しているのに他社が乗ってこないという現状。
  レンズすら、NOKTORくらいしか出てこない。

・PENTAXはSONYのイメージセンサーを今後も使っていきたいと考えている。
  K-5で評判の高感度、ダイナミックレンジはセンサーによるところが大きい。
  Qでも裏面照射型のExmorRを採用している(たぶん)

ということで、じつは自社マウントのQのほうがPENTAX的には気合が入っているという面もあるかも。

極端な話、ミラーレス機はNEXベースに画像処理と操作系をPENTA流にしたものになるという可能性も。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 商品情報

ジャンル: ブログ

[edit]

« PENTAX Q その2  |  APS-Cなのにフル機用レンズが欲しくなる »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/145-1e2633ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。