09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

稲藁が藁藁らしい 

セシウムに汚染された牛肉が問題になっているらしい。

汚染された稲藁を飼料として与えたのが原因だと断定され、その稲藁は日本全国に出荷されているとの事だ。


うそ臭い。

誰が飼料の稲藁を雨ざらしにするものか。
出荷直前の肉牛の飼料はサシを入れるために穀物主体の濃厚飼料というものが大半を占め、稲藁などの粗飼料は1/4程度と言われている。
牛は飼料の一部に汚染稲藁があるくらいで肉が食べれなくなるほど代謝の良い生物だったか。
稲藁の生産地は福島にしかないわけではないし、それほど高濃度に汚染された稲藁がそれほど大量にどこから発生したのか。

一つ一つうそ臭い理由を挙げるのもめんどくさくなるくらいうそ臭い。

牛肉は直近の3ヶ月間飼育された場所が産地となる。
この問題が突然言われだしたのはいつからだろう。
その、3ヶ月前といえばどんな時期だったろう。

福島県以外の産地で見つかった放射性セシウム汚染牛は、福島第一原発の事故で被曝した牛だと考えて間違いないだろう。
そうでなければ固体識別番号を公開しているはずだ。


そんなに、国産の牛肉がやばいと風説を流布したいのか。

輸入牛のほうが安全と思わせたいのか。

こんな時にもTPPの締結が優先なのか。


完全にマスメディアは信頼できないものになってしまっている。


ただ、牛肉に関しては私は国産牛はもともとほとんど食べないので、実被害はないのだ。
なぜかというと、国産牛と言われるホルスタインや交雑種は乳臭くて苦手だし、黒毛和牛はサシ(脂)が多すぎておなかを壊す。

好きなのは和牛で言うと短角牛や無角和種など、輸入だとアメリカ産やメキシコ産のサシが少ない、赤身の旨い所だ。これらはハラミ(横隔膜)も旨い。

だから、以前、アメリカでBSEが発見されたときの世間の慌てぶりには辟易した。
某ハンバーガーなんて、都合の良いように牛肉の産地がころころ変わるし、「ほとんど○○産です」とか言ってみたりして。
日本でもBSEは発生しているし、そのホルスタイン種を喜んで食べているじゃないか。
(日本のBSEはすべて老齢のホルスタイン(=乳廃牛))

しかも最近では乳廃牛を再肥育して食用牛として出荷するとの事。
一説によると若牛より旨いんだというが、私はホルスタインという時点で無理なので。

経産牛肥育がより熟成されて旨い肉を生産する方法だという事は否定しませんけど。

まぁ、いいや。
こんな事していてこれからどうなるんだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« PENTAX Q を触ってきました  |  台風が過ぎて »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/161-7640896d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。