09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

白芝の速度テスト 

SanDiskよりも安くて信頼性が高いと評判のSDカード、東芝の超高速タイプを遅ればせながら手に入れたのでベンチマーク結果をお伝えしよう。

ハギワラシスコムという会社があった頃に売られていた白いSDカードをご存知だろうか。
実はそれがこの、通称「白芝」といわれる東芝製の白いSDカードそのものだ。

当時は、ハギワラシスコムブランドで販売されていたので、東芝ブランド品は国内で流通していなかったのだが、ハギワラシスコム倒産後は普通に東芝ブランド品が店頭に並ぶようになった。

カードリーダーはSanDiskの高速タイプ、SDDR-199と、BUFFALOのマルチタイプのBSCRA56U2、同じくBUFFALOのUSB3.0に対応したBSCRSDXU3の3種類で試したが、結果としてUSB3.0のものを使用するのが最も速かったのでそちらを紹介する。

厳密に言うと、Read4Kに関してはSDDR-199の方が速かったのだが、デジカメで撮ったデータを一括でPCにコピーするような使い勝手では4Kランダムアクセスはほとんど関係ないので無視することにする。

結果はこちら。
パッケージ裏面に書いてある速度と近い結果が得られた。
toshiba_cl10_usb3.jpg


比較用のSanDisk Extreme 16GB リーダー等の環境は同じ。
こちらのほうがシーケンシャル書き込みが少々速いようだ。
SanDiskEx16G_usb3.jpg


ちなみに、SanDiskExtremeはSDDR-199を使用すると一層速くなる。
SanDiskEx16G_sddr.jpg

価格、信頼性をトータルで見ると白芝は悪くないということが立証できただろうか。

おまけ
2680円/16GBのKINGMAXはBUFFALOのマルチリーダーをUSB3.0ポートに接続して計測するとこんな結果が出た。
KM16G_tbu3.jpg

コストパフォーマンスはかなり良い。




大容量を実現し、動画や高解像度画像の保存が可能な超高速タイプ(クラス10)!TOSHIBA/東芝 SD...

東芝 SD-FX008G SDHCカード 8GB class10
価格:3,360円(税込、送料別)



大容量を実現し、動画や高解像度画像の保存が可能な超高速タイプ(クラス10)!TOSHIBA/東芝 SD...

東芝 SD-FX016G SDHCカード 16GB class10
価格:5,880円(税込、送料別)




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 商品情報

ジャンル: ブログ

[edit]

« SanDisk Extreme HD Video SDHC UHS-I  |  PENTAX Q を触ってきました »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/163-bad594cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。