09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

SDHC 実写書き込み速度テスト 

※D7000での計測も行ったのでこちらに公開している。

sd_20110815122846.jpg

16GBで2680円と、コストパフォーマンスの高いKINGMAX製のSDカードだが、PCでのベンチマークではそこそこの速度が出るのだが、実際にK-5に挿して使っていると何か遅く感じる。

連写はもちろんだが、単発でも書き込みが終了するのが遅い気がするのだ。
そこで、手持ちのSDカードをかき集めて連写テストを行ってみた。
容量がそろっていないのはご容赦いただきたい。

また、それぞれはカメラ本体でフォーマットしてからテストを行った。
本来、新品を使用するか、SDFormatterでイレースフォーマットするべきだが、イレースフォーマットは対応していないデバイスがあるので行っていない。

その為、メモリーセルレベルでの優劣は存在するが、平均をとる事で無視することにした。
平均値が極端にばらつく場合はそれを表記する。

カメラはPENTAX K-5 ファームウェアは1.03とした。
ファームのバージョンは最新ではないが、最新はO-GPSに対応した点だけの更新なので書き換えていない。

計測は、マニュアルモードでSS1/125、開放絞り、フォーカスもMFとした。
シャッターボタンと同時にストップウォッチをスタートさせ、連写が遅くなるまでの時間を記録、さらに撮り続けて10枚数えてシャッターボタンリリース、この時の時間も記録、最後に書き込みが終了する時間を記録した。

これにより、それぞれの時間の差を撮ることで、

1.連写持続時間
2.バッファフルでの10枚連写時間
3.バッファフルから開放まで

この3つの項目が確認できる。

また、記録された枚数から、高速連写可能枚数を割り出した。
この計測をSDごとに3回づつ行い平均値を提示する。



1.KINGMAX class10 22MB/s 16GB
連写持続時間:4.1秒
10枚連写時間:16.3秒
書き込み時間:34.4秒
連写枚数:23枚

2.TOSHIBA class10 23MB/s 8GB(白芝)
連写持続時間:4.4秒
10枚連写時間:7.3秒
書き込み時間:15.4秒
連写枚数:25枚

3.SanDisk Extreme HD Video class6 20MB/s 8GB
連写持続時間:4.5秒
10枚連写時間:6.2秒
書き込み時間:14.4秒
連写枚数:25枚

4.SanDisk ExtremePro UHS-I 32GB
連写持続時間:4.4秒
10枚連写時間:7.5秒
書き込み時間:15.3秒
連写枚数:24.7枚

5.SanDisk ExtremeIII class6 30MB/s 8GB
連写持続時間:4.4秒
10枚連写時間:6.0秒
書き込み時間:13.4秒
連写枚数:25枚

6.SanDisk Extreme class10 30MB/s 16GB
連写持続時間:4.4秒
10枚連写時間:8.5秒
書き込み時間:15.9秒
連写枚数:25枚


今回の結果は以上のようになった。
最も速かった ExtremeIII は、過去のベンチ結果からもSLCチップ搭載と思われる。
旧パッケージ品ということでコジマ電気で格安で買ったものだ。

次点が HD Video 20MB/s 品。続いて白芝、Extreme Pro、Extremeとなった。
不思議なことに、上位2品種がclass6であり、今は買えない旧製品である。

Extreme Pro が思ったほど奮わなかったのは残念だが、32GBという容量は手持ちの中では最大で、PCに読み出す時にUHS-Iが効果的なので重宝している点は変わらない。

むしろ、東芝とSandiskを選んでいる限りは大きく外れることがないことがわかった。

で、問題のKINGMAXだが…
安かろう悪かろうとはこの事か。
イライラするのも当然の遅さ。
値段が半分で速度も半分ならある意味納得だが、もう買うことはないだろう。


さて、このテストはレンズにキャップを付けて真っ暗い写真を撮っているので、ファイルサイズが小さい。
RAWで10MB弱、JPEGで550KB程度だ。

通常の写真ならRAWで20~25MB、JPEGで6~10MBとなるので、この結果とは異なってこよう。
最も速かったケースで書き込み速度を計算すると15MB/s程度となった。

ちなみにKINGMAXは最低書き込み保証の10MB/sに満ち足りない。


これで一層、80MB/s書き込み品に対する期待が高まったわけだが、カメラ内部の処理が追いつかないと差が出ないわけでして、やぱりここはD7000でテストしたいところですね。






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: みんなに紹介したいこと

ジャンル: ブログ

[edit]

« Willcom インターナビプラン  |  野尻湖一周遠泳大会 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/166-4b369094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。