07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

どうなる暫定税 

アイルトンが泣いて寝付かないのでドライブを兼ねてガソリンを入れに行った。

銘柄はエネオスと決めていて、いつも入れるところは24Hのセルフ。
暫定税がどうなるか、明日の国会次第のところではあるけれど、1日から暫定税復活となると給油所は混雑することは間違いないので前日深夜に決行です。
もし、暫定税が復活しなくても原油価格の上昇で元売価格は確実に上がりますからね。

あいにく、通勤下駄は前回の給油から170kmほどしか走ってなくてほとんど入らない。
もちろん、サーキット用に使っていた携行缶持って行きましたよ。赤いやつ。
もう、いらんから誰かにくれてしまおうと思っていたのが少しは役に立ちました。

さて、国会ですけど、あの馬鹿さ加減には呆れますね。国民もその程度だからしょうがないのですけど。
ガソリン税が下がるなんていうのは世界的トレンドから見たら完全に逆行してますよ。
さっさと暫定税復活、というか、本則にしてしまえ。
そもそも暫定の期限が切れる前に本則を改定するべきだったのですね。

それに、道路で余ったからといって一般財源化はないでしょう。
一般化したら利権の奪い合いをする人数が増えるだけ、無駄遣いが増えるだけでしょう。
「お前たちだけいい思いしやがって。こっちにもよこせ。」って言ってる様に聞こえませんか?
国のため、国民のために何かしてくれるひとはいませんね。

必要な道路は国が100%負担でも作るべきだし、必要かどうかは作った後の効果の検証を含めて第三者の監査を入れるべき。
それでも余るなら高速道路の通行料を下げるか無料にする。
さらに余ったら公共交通機関に使うとか、脱石油エネルギー関係の技術開発に使うとか、一般化の前にできることは多分にある。
さすがにがっかりですよ。諸外国が日本をどう見ているのでしょうかね。
馬鹿にされていないかと心配です。

本題です。(前置き長げぇ。)
暫定税はガソリン税だけではありません。
自動車取得税と、自動車重量税にもかけられています。
メディアが取り上げていないのは謎ですが、これらこそ、撤廃すべきものだと思います。

私事ですが淡い期待をして5月中納車予定で新車を契約しちゃったんで尚更ですね。
高い車ではないけれど6万くらい違ってきますから。

公明党は、自動車重量税の暫定税率撤廃をマニュフェストに掲げていたはずです。
本日の衆議院で自民が可決しようとしている法案は、公明党の協力なしには可決されません。
公明党が協力しても、自公あわせて17人の造反者がでれば否決です。
さてどうなるか。目が離せませんね。

ぁあーもう寝ますよ。
アイルトン?車に乗ったら一瞬で寝ちゃいましたよ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 政治・経済・時事問題

ジャンル: 政治・経済

[edit]

« 政府と国民、馬鹿はどっちか。  |  YDBCー30不具合 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/17-a2f00bf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。