07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

パケホの今後を考える ~スマホに乗り換えない理由~ 

世界的にパケット通信量が増大していて、外国の通信キャリヤでは定額制をやめて従量制に移行する実例もある。

日本の通信キャリヤ各社も通信速度制限を適用している。
これは、短期間に大容量の通信を行った場合にその後の通信速度を制限するもの。

今後、docomoが料金プランをどのように変更するかはわからないが、少なくとも次世代通信のXiの料金プランは条件付定額制となっていて、一定のデータ転送量を超えると追加料金が発生する料金体系になっている。

つまり、移動体通信において完全定額制は未来永劫続くわけではなく、将来的に何らかの従量制になっていくと考えられる。

ちなみに、家内のパケット通信量を確認してみると「1千万パケット以上」と表示された。
「以上」じゃ具体的な数値がわからんじゃないか。

とりあえず1千万パケットとしておくと、従量料金だと84万円。約1.2GB。

速度制限がかかるのが300万パケット/3日だから、1/3くらいの使用量。

ガラケーでこれだから、スマホにしたらどうなるのかは推して知るべし。

速度制限がかかるモデルケースとなりそうだ。

このようなヘビーユーザーが定額制の価格を吊り上げている原因としたら、従量制のほうが公平なのかもしれない。
現状だと、2段階定額でもちょっと使えばすぐに上限に張り付いてしまう。

そこそこの使い方で現状の上限よりも安くなる、一部のヘビーユーザーにはもう少し負担が増えるようなプランが好ましいと思う。

例えば、楽曲ダウンロードとかの場合は公衆無線LANを積極的に使えばいいわけだし、そういう使い方が定着すればもっともっとホットスポットが増えていくのではないだろうか。

ちなみに、自分の場合は galaxy tab を導入してから携帯ではほとんどパケット通信を使わない。
メールは「メールし放題」を適用しているので、パケット積算外となる。

今のところ外出先でのネットアクセスは galaxy tab でまかなっている。
PCと比べたら少々不便もあるが、携帯のブラウザより100倍マシだし、持ち運びの手軽さを考えたらとても満足度が高い。
こちらはデータ通信のみの契約なので、上限4410円(当初1年間)となっていて、パケホの上限と同額である。

ガラケーと、タブレットで2回線の契約だが、前述のとおりガラケーのパケットはほとんど使わないので1回線でパケット上限まで使うのと比べて1000円高いだけ。
また、1回線でもフルブラウザを使った場合よりは安く済む。
まして、テザリング(外部接続機器で通信)などしたものならパケット上限額が6000円ほどあがるので、このような使い方をするなら「どこでもWiFi」の導入を考えたほうがいいだろう。

iPad、iPod touch、android、これらの使い勝手に抵抗がないならば、携帯は通話専用と割り切ってブラウジングはタブレットを使用したほうが快適で有事のライフラインを温存できると思うのだがいかがだろうか。

galaxy tab の広い画面に慣れてしまった今、スマホ1台にまとめてしまうのは、もうちょっと先になると思う。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« UHS-1 対応 SDカード  |  willcom インターナビ専用通信カード »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/170-54560228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。