07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

アトピーのこと 

息子は、生後3ヶ月くらいから酷いアトピー性皮膚炎に悩まされてきました。

早めの段階で良いお医者さんに出会い、食物アレルギーがあることを突き止めて、ステロイド漬けにせずに乗り越えることが出来ました。

今ではアトピー、食物アレルギーは体質改善、根本治療ができると私は思います。


とてもざっくりとお話しますと、どちらも免疫系の不全によるもので、基本的にはミネラル不足が原因となっていることが多いようです。

具体的には鉄と亜鉛です。

血液検査で調べられますので、アレルゲン検査と同時に調べて、サプリメントを処方してもらうのが良いでしょう。

鉄は、ヘモグロビンだけ測っても駄目で、フェリチン精密という方法で体内の貯蔵鉄を測る必要があります。

サプリメントは、鉄欠乏症、亜鉛欠乏症と診断されれば最低限のものは保険が適用になります。

このような、栄養療法をまじめにしてくれるお医者さんを見つけられると良いのですが、まだまだ少ないようです。

息子は、胎児の頃から足りていなかったものを補うまでに1年ほどかかりました。

私も、物心付いた頃からアトピー性皮膚炎を患っており、15歳頃まではステロイド軟膏が手放せませんでした。
その後は、食生活が変わったこともあり、波はありましたが徐々に良くなってきて、息子の治療と一緒に自分もサプリを飲みだしてからはぐっと良くなったと感じます。

本来は食事から摂取するのが理想ですが、既に足りていないものはサプリメントで追わないと足りません。
まずは鉄、亜鉛、ビタミンB群の摂取をオススメします。

市販品で指定されている用量ならば害はありませんし、費用的にも安いものです。

より深刻な症状や、幼児の場合はお医者さんの処方のほうが良いでしょう。
欠乏状態に合わせて最大の効果が見込める量を処方してくれます。




また、栄養素が不足することによって心の病を引き起こす事も最近は知られてきました。
参考にこちらの本をどうぞ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: みんなに紹介したいこと

ジャンル: ブログ

[edit]

« PENTAXの新製品  |  AirStationの簡易NASが死んだ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/178-40f19988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。