05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

RICOHの単焦点デジタルカメラがモデルチェンジ 

ペンタックスの今度のお父さん、リコーですが、かなりマニアックな(趣味性の高い)カメラを得意としています。

初代GR Digitalから始まり、今回発表されたGR Digital IVは四代目。
基本的に先代の GR Digital III と大きくは変わらず、手振れ補正が搭載されたのが目新しいところ。
フィルム時代のGRシリーズからコンセプトは受け継がれていて、レンズは35mmフィルム換算で焦点距離28mmの単焦点のみ。高画質を追求し、開放F値は1.9と明るい。
イメージセンサーも画素数を欲張らずに10MPに抑え、1/1.7型と大き目のセンサーを採用する。
これは「ハイエンドカメラ」で定評のあるソニー製CCDだ。

なかなか男気のあるカメラです。

スタート価格は約8万円から。
ペンタックスに触発されたのか「ホワイトエディション」というものも限定で販売される。

競合する他社製品はシグマDPシリーズやフジフィルムX100くらいだろうか。

DPはfoveonセンサー搭載で解像番長と言われているが、野暮ったいデザインと操作性などの煮詰めが甘く製品としての完成度は十分とはいえない。画質が良いだけに残念なところ。
個人的には41mm相当の標準レンズのモデル、DP1xがとても気になるのだが。

X100 は固定レンズ(沈胴式じゃない)事にも好感が持て、とても興味深いが大きく重く、そして高価だ。
いかにも昔のカメラ、そしてライカを意識しすぎたデザインも好みの分かれるところだろう。

そう考えると、RICOH GR Digital はなかなか魅力的に思えてくる。
価格も、半年もすれば6万円を切るくらいになるだろう。

ちなみに、GR Digital IIIのモデル末期の最安値は31400円くらい。
時間が経つほどに一定の割合で価格が下がっていくようだから、買い時が難しい。
少々高くてもさっさと買って、値下がりは気にせず、その分いっぱい撮るのが良いだろう。











ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 商品情報

ジャンル: ブログ

[edit]

« 車にも地デジチューナー  |  さんま »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/182-3738b667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。