07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

フレッツ光ネクスト 

うちは、マンションなのだが、更に言うと、LAN配線タイプのBフレッツマンションタイプが導入されているのだが、あえて光ファイバーを宅内まで引き込む、「ハイパーファミリータイプ」を導入していた。

それを今回、フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプに切り替えた。

理由は、理論上限値で200Mbpsと速くなる事と、価格が大幅に安くなるからだ。

当初は、LAN配線タイプの設備を既に導入してしまっているので、過剰な投資はしないとか言われ、難色を示していたのだが、IPv4アドレスの枯渇などの影響もあり、態度が軟化したようだ。

思い立ってフリーダイヤルに電話してみると、すんなりその電話で受け付けてくれると言うことなのでその場で工事日を決定してしまった。

最近はゴールデンタイムになると光テレビにブロックノイズが出るほど通信が不安定だった。
速度計測は、25Mbps程度しか出なかったことがあり、それ以来測っていない。

んで、光ネクストが開通してみるとこれ↓
fletss.jpg

しかし、何度やっても100Mを超えない。

ちょっと気になっていることがある。
光終端内蔵のルーターを用意すると言っていたのだが、光終端別体のルーターを持ってきて、光終端は従来から使用しているものを使うと言って設置して言った事だ。

「ってことは光終端のポートはGigaBitEatherなの?」って聞いたんだけど、工事のオッサンは何の事だかさっぱりだった。


よく考えると、5年前に設置していった物が過剰なスペックなわけないよな。
ルーターの状態を確認すると、WANポート:100Mbps全二重 となっている。やっぱり。


さて、どこに電話したらいいのだろうか。
たらい回しにされ、結局3回電話を掛けなおし、その度にお客様IDと、フルネームと、本人かどうかと、住所を言わされ、ベストエフォート型のサービスだから云々は数え切れないほど聞かされた。

最大200Mbpsのサービスを謳っておいてハードウェアの上限が100Mbpsのものを設置していくのはどう考えてもオカシイ。
そういうサービスと言い張るなら不当表示で訴えるレベル(またかよorz)

まあ、その辺の説明も3回もすれば説明するほうも慣れますわ。
最終的には再度工事(と言ってもルーターの交換だけ)の日程を詰めてそれまでは100Mbpsで我慢することに。

日曜日のあさいちで工事着手から、夕方には決着が付いたので良しとしますが、前日から体調が最悪で(後に分かりますがインフルエンザでした。)面倒は勘弁してもらいたいところでした。

ちなみに、今の段階ではrbbだとこうなります。↓
rbb.jpg

ルーターが交換されたら速度を測定してみようと思います。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: みんなに紹介したいこと

ジャンル: ブログ

[edit]

« インフルエンザ  |  買ってもいい?(ナノミスト、dyson) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/215-f70d797d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。