09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

弱り目に祟り目、インフルの次は胃腸炎 

下痢とか嘔吐の話なので見たくない方はお買い物でもどうぞ。





ブログランキング・にほんブログ村へ
インフルは克服したと思ってつい油断した。

月曜日、会社で昼食を食べてからおなかの調子が悪い。

程なくして下痢、それから1時間ほどすると、断続的な吐き気。

ちょっとやばい、残業どころじゃない雰囲気。

試作品の依頼先からの問い合わせのメールが来ていて返答を書いているのだが一向に筆(指?)が進まず額に脂汗が滲み出てくる。

出すもの出せば楽になるかとトイレに吐きに行く。昼食に食べた良くわからないメニューの蒸し鶏が出てきた。ほとんど全部出たか…

その後も吐き気はやまず、医務室に行ったほうがいいか… と思うが、ますます悪くなる症状に「今帰らなければ帰れなくなる」と考え、
定時で退社した。

自宅に着いてそのままトイレで吐けるだけ吐いた。たぶん、朝食に食べたコーヒー風味のホイップクリームを巻いたロールケーキも出たと思う。

その後は胃薬っぽいものを飲んでベッドに入り寝た。あまりの具合悪さに、すぐに入眠するが、1時間ほどで吐き気で目が覚める。

起きてトイレで吐き、また薬を飲んで寝る、を3度ほど繰り返すが一向に良くならない。サクロンを飲んだ後の嘔吐物はまみどりでスライムのようだった。


結局、寝付いた息子を下の階のお友達のうちに預けて、嫁に「夜間休日救急診療所」に連れて行ってもらう。

こんな時の、EDIXの乗り心地の悪さと言ったら無いな。胃が揺すられてつらい。

とりあえず水も飲めないので点滴と、そこに胃薬、吐き気止めを入れてもらう。

点滴は1時間ほど、半分くらいは眠っただろうか。飲み薬を1日分処方してもらい帰った。


実はこの日、救急診療所に向かう前、嫁がマツキヨに薬を買いに行ったのだが、そのときに、マンションの通路にうずくまる猫を保護していた。

ところが、この猫、元気が無い。体温は低いのに涼しいところを好む。俯いてじっとしているのに、寝ているわけではない。

ご飯をあげても、マタタビを嗅がしても反応が無く、少しの水を舐めるくらいがせいぜい。

どこの猫かもわからず、なぜセキュリティエリアの内側にいるのかもわからず。

うちのぶるシャンもどう接していいかわからない様子。たまに威嚇してみたりするが、攻撃はせずに距離を置いている。
しかし、気になってしょうがないみたい。


私もこの猫のことは気になったが、とにかく自分が具合悪かったので嫁に任せて休ませてもらった。


翌日、会社に体調不良で休むことを伝えて近所の医者に行き、もう一度点滴をもらい1週間分の薬を処方してもらった。

実はこの日、息子の参観日だったのだ。

医者から幼稚園は近いので、嫁はその足で幼稚園に向かった。

私は、迷い猫の写真を帰り際にプリントして自宅に帰ると、迷い猫が玄関の大理石の上で蹲っている。

熱があるのかと思って触れて見るが、逆だ。猫としては異常に低い。

いよいよおかしい。飼い主が見つからなくても獣医に連れて行かなければ。

しかし、飼い主が見つからなかった場合、費用はどうする?この子はどうする?猫エイズとかだったらどうする?

退去した人が捨てて行ったのではと言う都合の悪い情報もあったのでひどく心配した。


しばらくして嫁が帰ってきた。マンションの管理人さんに話をして、管理人さんと、掃除のおばさんが猫の顔を見に来てくれた。

だが、この時点で見覚えのある猫だと言う話にはならなかった。

迷い猫の掲示をしてもらうよう、写真を渡した。


15時には息子が帰ってくる。そしたら、獣医さんに連れて行こう。
ぶるシャンも、掛かりつけ医の先生が亡くなってしまって予防接種を受けていないので一緒に連れて行こう。

そう相談したところだった。

管理人さんから連絡が来た。飼い主が見つかったと。

マンションの、上層階の初老のご婦人だったようだ。猫の名前はのんちゃん。

その後、獣医さんに連れて行ったところ、内臓に損傷が見られるとの事で入院となったようだ。


ぶるシャンは、翌日も、のんちゃんを探すそぶりを見せる。
心配していたのに、いなくなって不安なのだろうか。元気になったら、遊びに来てくれるかな?
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« はじめての単焦点(2)  |  もう一度真岡SL(追っかけ編) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/219-3be0a701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。