03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

SanDisk Extreme HD Video SDHC UHS-I の書き込み速度テスト 

以前、SDHCカードの書き込み速度の比較を紹介した。

K-5での結果と、D7000での結果を紹介した。

その結果、特にUHS-Iに対応しているD7000では、SanDisk Extreme HD Video 30MB/s が良さそうだと書いた。

半年ほどたち、価格が大幅にこなれてきたので今回入手し、テストしてみた。
テスト方法は前回と同じ。条件も極力同じになるように努力した。

しかし、D7000は前回のテストの後、ファームウェアをアップデートしてしまったので、その差はあるかもしれない。
完全同条件での比較テストは次の機会にすることにして、今回は HD Video 単品でのテスト結果を紹介する。

今回入手したのは SDSDX-016G-X46 で、平行輸入品を店頭で購入した。

日本国内正規品は SDSDX-016G-J95 となるらしい。これらが同一のものかは判らない。

前回、ExtremeProを楽天アメリカ・ダイレクト個人輸入で購入した時は、末尾が A75 だった。
X46 が、どこ向けの製品なのかはわからない。ご存知の方がいらっしゃったら教えていただけると嬉しい。


では、結果です。3回テストを行い、平均しています。

・K-5
連写持続時間:4.1秒
10枚連写時間:6.3秒
書き込み時間:13.4秒
連写枚数:24.3枚

・D7000
連写持続時間:2.1秒
10枚連写時間:5.1秒
書き込み時間:5.9秒
連写枚数:10.3枚

※10枚連写時間は、バッファフル状態での10枚撮影にかかった時間です。
※連写枚数は、バッファフルになるまでの高速連写枚数です。

K-5では、前回のトップランナー、ExtremeIII(class6)とほぼ同等。超えることはなかったが優秀な成績。
但し、連写枚数は3回中2回で1枚少なく、連写持続時間と10枚連写時間は若干遅かった。
また、10枚連写の間、8枚目くらいで一瞬遅くなる時があった。

D7000でも書き込み時間は ExtremePro、ExtremeIIIに肉薄した。
しかし、連写持続時間はこれらよりも長く、1枚から2枚多く撮影している。
また、10枚連写時間はこれらよりも短縮している。
この点は、ファームウェアの更新により内部処理が見直されたのではないだろうかと考えている。

今回の結果から見るに、UHS-Iに対応していないK-5も、UHS-Iに対応しているものの、内部処理がボトルネックになっていそうなD7000も、それほど大幅な速度向上は期待できないということがわかった。

とは言え、容量的に使い勝手の良い16GBで、2300円程度で購入できる製品としては安心して使える高性能だということは間違いないだろう。

むしろ、高額な95MB/sの製品を買う必要はない(か、どうかは試してみないと正確なことはわからないのだが。)のではないかと思う。




AFの速い18-135レンズキットはメーカー出荷終了。在庫限りです。


Nikonもタイの洪水の影響で品薄状態が続いています。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« 真岡鉄道SL 2012.2.5 「重連」  |  はじめての単焦点(2) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/221-62d7fe97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。