05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

アライメント調整 

新車のEDIXですけど、アライメント調整しました。

なぜかって?
新車のアライメントを信用していないのと、理由あってフロントのキャンバーを付けておきたかったからですよ。なのでフロントのキャンバーボルトは4本手配しました。

さて、アライメントテスターに乗せてみてびっくり。
左リアのトーが激アウトです。もともとネガキャンの強い車でアウトじゃあタイヤも偏磨耗しますよ。
軽井沢に行ったときに感じた、ホンダらしくない挙動はこの辺が影響していたかもしれませんね。
かといってトーインにしすぎてあの軽快な動きがなくなってしまうのもつまんないので最小限のトーインにします。

リアのキャンバーは標準値で-1°15'なんですけど、-1°55'程度です。
トー合わせ後でキャンバーの左右差はほとんど無いのでこのまま行きます。
しかし、ノーマル車高で2°近いネガキャンなのはちょっとやりすぎの気がします。

さてフロントキャンバーです。右-10'、左-40'、って、左右差ありすぎです。
生産ラインどうなっているのでしょうかね。
とりあえずボルト替えて、右をめいいっぱい、左を右に合わせることにしましょう。

一度テスタからおろして、ウマ架けて作業です。
ストラットサスですから、ダンパ、ナックルの連結ボルトを軸部を細いものに交換したのですが、ここで問題発生。ボルトを替えても調整幅が増えない。おかしいです。
いろいろやって、気が付きました。細くなっている軸部の寸法が足りません。
ボルトの長さは良いのですが、ネジ部が長すぎ、軸部が短い、その為ナックルが細くないネジ部に干渉して角度が付かないのです。

これはおそらく、ベースになった車のナックルが薄かったのではないでしょうか。
強度不足か何かで厚く変更して、ネジの長さは届くのでそのまま、調整用ボルトのことは考えなかったって感じです。調整用ボルトの品番はS6Mが付いているのでDC5インテグラ用でしょう。

しょうがないのでネジ部を細軸部と同じ径まで削ります。3山分くらいでしょうか。
削ったらさび止めも必要です。
足回りの部品を加工するなんてちょっとありえないです。
って、私が言っても説得力無いですが。

ようやくこれで調整ができます。
調整後ほぼ1°10'です。
トー調整して完了です。

しかし、ラインオフのアライメントがいいかげんで困りますね。
普通のユーザーなら偏磨耗してクレーム修理となりかねません。

あとは、ブルートゥースアダプタ付けたりラゲッジフック付けたりしましたけど、1日終わっちゃいました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: メンテナンス&ケア

ジャンル: 車・バイク

[edit]

« 純正オーディオの不満  |  ウィルコムインターナビプラン »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/28-2317b11e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。