09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

アトピー性皮膚炎とは 

PCがシャットダウンして凹んだのですがやっぱり気を取り直して別テーマで一言。

アイルトンも1歳と10ヶ月になりまして最近はだいぶアトピも落ち着いてきましたし、いろいろと知恵も付いてきて日々和ませてもらえる半面、目が離せないほどに成長著しく親としてはうれしい限りです。

体重が増えるどころか減少するほどの状況から1年ほどかけてアトピ、食物アレルギーに立ち向かってきたわけですがようやく分かり始めたこと、理解できるようになったことがまとまられそうなので少しずつ書いていこうと思います。

そもそも、アトピー性皮膚炎というものは、原因不明の皮膚炎というくらいの意味しかありません。
皮膚科学会はじめ、多くの皮膚科のお医者さんは皮膚炎の症状をステロイドなどの薬で抑えつつ、自然治癒するのを待つのみしか方法を知りません。
患者の立場に立った根本治療などというものには興味がないようです。

「死なない治らない、皮膚科医ぼろ儲け」という言葉を聴いたことがあります。
すべてのお医者さんがそうではないとは思いますが、そう言われてもしょうがないと思うことは少なくありませんでした。
少なくとも、患者の話を聞かない医者は私たちには必要ありません。

私は非科学的なことを盲目的に信じることはありませんが全面的に否定するわけではありません。
作用機序が明らかでなくとも仮説と結果がそれなりに信憑性のあるものであれば受け入れます。

アトピ、食アレの子に必要なのは親身になって相談に乗ってもらえる医者と出会えること、アトピービジネスといわれる雑音に惑わされずに有用な情報を拾えることです。

本日の一言:アトピー性皮膚炎は皮膚科にかかる病気ではない
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: アトピー性皮膚炎

ジャンル: 心と身体

[edit]

« ENKEIホイール  |  強制シャットダウン? »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://navitimer.blog119.fc2.com/tb.php/35-060cc06e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。