05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

Charge Cooker3 

雨や雪で自転車通勤を諦めたくなくて、今年の2月にマウンテンバイクを買いました。

Charge Bikes の、 Cooker というちょっと古い、型落ちの在庫車を安く買ったのですが、

これがなかなか面白い。

ネット上では探してもなかなか出てこないけれど、足で探すと結構走るところあるようです。


今日のブラックフライデーセールで Charge - Cooker 3 (2016) が出ていましたので紹介しておきます。

これは29インチタイヤ、CrMoフレームの私のものと違い、650B+でアルミフレームです。

650B+というのは、最近主流の27.5インチホイールで、より幅広のものを指し、Cooker3では2.8インチという幅のセミファットなタイヤがついています。

そして注目はフロントシングルギヤ、リア11速という、最近のトレンドに乗っかっていまして、しかもカセットは10-42という、変速比幅の大きなものを採用しています。

クランクのチェーンリングは30歯ですから、0.714~3..0 というレシオで、Loはガレ場の急坂も砂浜も泥濘もイケてしまうのに、Hiでは舗装路でもそこそこ速度も出せるでしょう。

駆動系はMTB界では主流のSRAMですが、ブレーキはシマノDeoreの油圧ディスクが搭載されています。

今なら 94830円です。
野生の動物の気分で野山を駆け回りませんか?




[edit]

ブラックフライデー開催中 

自転車関係の海外通販各社で「ブラックフライデーセール」開催中です。

いま目についたお得な商品はこれ!

Suunto - Ambit (アンビット) 3 Sport (HRM 付き)



本日24497円となっています。
Wiggleは日替わりで15時頃に切り替わるようですから、おっ!と思った方はお早めに!

ちなみに、Amazonで買うとこんな値段…


[edit]

Raleigh RX Pro 1x (シクロクロスバイク) 


オンラインバイクショップWiggle に、Raleigh RX Pro1xというシクロクロスバイクがある。

Raleighといえば、日本ではアラヤラレーがよく知らてれいるが、元は英国の名門ブランドでした。

今は、戦後の拡大合併から、所有権があっち行ったりこっち行ったりで結局、英国、米国、デンマーク、ドイツあたりに拠点はあるようですが、それぞれで販売しているモデルが異なるようです。

で、問題の RX Pro1x ですが、どこの国のサイトにも載っていないときた。

シフトケーブルがアウタールーティングのところから、usaサイトの RX1.0というモデルが近そうです。
それを、フロントシングルの11段変速、油圧DISKブレーキにした感じでしょうか。

フロントシングルは機構がシンプルになって変速に伴うトラブルもないし、そのうえ軽くなるのですから、
レシオさえ確保できれば歓迎です。

このようなモデルが出始めたのはほんのここ最近でして、そんなトレンドに乗ったバイクが15万円程度で買えるとあればちょっと気になっちゃいますよね。

素性がよくわからない、けれど気になるシクロクロスバイクのお話でした。

[edit]

wiggleでOAKLEYが安い 

AmazonでOAKLEY が安くなっていると話題ですが、

オンラインバイクショップWiggle で OAKLEY EVZeroPath がもっとお得に買えます!

[edit]

明けましておめでとうございます。 

2015年はなかったことに!ってくらい放置しておりましたが…

新年を機になんとなく再開いたします。

さて、早速のご紹介ですが、自転車をはじめスポーツ用品の海外通販サイト、Wiggleで初売りセール開催中です。

Wiggleは英国のお店で、サイクル、ランニング、スイミング、トライアスロン、アウトドア用品の扱いがあります。

あちらは日本よりもアウトドアレジャー、スポーツの文化が進んでいますので、モノによってはリーズナブルに入手ができますし、正規では日本に入ってきていないものもあります。

個人的にツボなのが、ChargeBikesとか、KASKのヘルメットとか。

ぜひ覗いてみてください。




[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。